質問サイト「新潟大学 知恵袋」がオープンしました!

渡辺和希はGATALOGに入りました。

もはや新大情報でなくただのブログなんですが、書かせてくださいな。
GATALOGなる団体がどんなものなのか知る参考にもなるかな(?)と思います。

この記事を書いた人
渡辺和希

新大経済
自称美少女

渡辺和希をフォローする

GATALOGって知ってます?

GATALOGって知ってます?

恐らく知ってる方は「色んなサークルの紹介記事載せてるサイト」として認識してるかなと思います。
今年の4月2日に公開されたWEBサイトで、非公認団体も含めた新潟大学の団体の記事を掲載したり、イベントカレンダーを見れるようにしてたりします。

「新大生のためのWEBマガジン」と称しており、登場時点ではサークル紹介が主なコンテンツになっていましたが、それ以外の内容も掲載する気持ちが窺えます。

渡辺がガタログにヘッドハントされた

ご存知の通り、渡辺はこのサイトを運営しています。
イベントカレンダーも、類似の試みとして2年前からタダ飯カレンダーなるものを作っていました。

新大生向けのWEBサイトってことで方向性が似てるな~というのはガタログ公開時点から思っていたのですが、そんなガタログから4月2日にDMが飛んできました。

「ガタログ一緒にやらない?一回直接会って話してみない??」という内容です。
「この度は渡辺様をGATALOGにヘッドハンティングしたくご連絡させて頂きました」「サイト制作スキル執筆力行動力には目を見張るものがありました」という言葉に気を良くした渡辺は、ガタログの中の人と直接会うことにします。

直接会う

4月5日お昼、教養棟の談話室で待ち合わせました。

お話の内容の詳細は載せられませんが、サークル紹介記事から始まったガタログを今後どうして行くのかみたいなお話がメインでした。
その時点のガタログの中の人は1人で、これから仲間を増やしてくぞ~という感じです。
1人であの情報量をまとめあげるのは素直にすごいなと思いました。

お会いする前、ガタログの中の人は渡辺よりも各種スキルが優れてるだろうと考えました。
メンバー募集のページを見るとWEB制作の依頼を外部から受けようとしていたり(渡辺はそこに挙げられてたCSSやらPHPは若干触れるが依頼を受けられる程ではない)、illustratorを使うと書いていたり(渡辺は使ったことない)、そもそもサイトデザインからセンスの良さが滲み出ていたり…。

なのでせめて舐められないようにと思いA4のプリント1枚分の資料を用意して挑むことにしました。
自サイトの概要やら渡辺が持ってるスキルとそれがどの程度なのかとか…。

あとは若干警戒心を持っていたので、いつ「絶対に儲かる投資話」とか「健康に良い水素水の話」とかされるのかなと思ってましたが、そんなお話はなかったです。

2時間に渡りなんだかんだ話し合い、じゃあ渡辺GATALOG入るぜ!って感じです。

渡辺のサイト

前述の通り、ガタログとこのサイトでは類似点がいくつかあります。
渡辺がやりたいことが記事の掲載であれば、わざわざガタログに入らなくてもできるわけです。

にも関わらず「GATALOG入るか…!」となった決め手はアクセス数です。

そもそもこのサイトは就活対策の一環として運営しています。
「学生時代力を入れたことは?」「新大生向けのWEBサイトを運営してました」を回答の選択肢の一つにしておきたいのです。

ところでこのサイトのアクセス数はその時点で月間3000PV程度でした。
単位が分かりにくいと思いますが、「初心者は脱したね」レベルぐらいです。

そんなことをお話した後のガタログサイドから「就活対策なら『月間〇〇アクセス(渡辺のサイトより圧倒的に多い)のサイト運営してました』の方がインパクト強くないですか?」と。
ガタログはサイト公開直後その〇〇アクセスがあったそうです(後でアクセス数確認しました)。

それは確かに強いんですよね~~~~~。
しかも「手伝いましたじゃなくて自分が作りましたって言っても良いですよ」と言われてしまったらね~~~~。
(ちゃんと言ってましたよね覚えてますからね)

ということで頻度がどんなもんになるかは今後やってみて次第ですが、このサイトだけでなくガタログでも記事を書く予定です。
例えば新大生がパソコン選ぶための基準解説!とか学部別!初修外国語のコースの選び方みたいなのはどちらかと言えばガタログ行きですかね。
逆にグンマー出身者必見!群馬と新潟の文化の違い!!とか新入生じゃないけど2018年度新潟大学入学式に行った話はこっち向きの内容な気がします。

ガタログに何か書くからといってこっちのサイトが消えるわけじゃないのでご安心(?)ください。

GATALOGの今後

GATALOGとガタログ、ここまでの文章で何となく書き分けてみたのですけど伝わります?
WEBサイトとしてのガタログ、それを運営しているGATALOGのつもりで書き分けました。
いやこれが正式な書き分けというわけではないですけど、渡辺の感覚として。

GATALOGは今後WEBサイト運営以外のことにも手を出して規模を拡大していきます。
土台を固めるためにひとまずはWEB制作サークルみたいな感じになるのではないですかね。

そして今後の拡大の一環として他団体と仲良くしていきます。VRらぼさんや若者未来創造プロジェクトさんとか。

現時点で公開できるようなのはこんな感じですが、直接お会いした時の代表のビジョンとしては、今後もっと面白いことになっていくのではないでしょうか。

おわりに

大したことはなく新しい団体入ったよぐらいな報告です。

渡辺和希個人としても、GATALOGの渡辺としても、面白いものを提供できればと考えておりますので、今後とも見守っていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました