質問サイト「新潟大学 知恵袋」がオープンしました!

「新大生の主張」の様子!実況ツイートまとめ

10月20日(土)の新大祭にて、新大生の主張が行われました!

会場に行けなかった人でもミスコンの雰囲気が伝わるよう、実況ツイートをまとめました。

この記事を書いた人
渡辺和希

新大経済
自称美少女

渡辺和希をフォローする

開始

15:30から開始ですが、10分前ぐらいに各出場者へのインタビューが行われました。

その頃の観客の入りはこんな感じ。まだあまり人いません。

色違いの2枚がホチキス留めされた投票用紙をスタッフから受け取れます。

司会2人の自己紹介と、企画内容の簡単な説明です。

1人一言ずつ喋ってたのでそれもまとめようと思ったのですが、進行が早くて追いつかなかったので最後はまとめて…。

特技部門No.1

神村幸弥さんと富田颯一さんは篠笛と尺八の演奏。

ツイート「青と灰色」でなく「灰色と青」ですね。

特技部門No.2

髙野大之さんはアコギの弾き語り。

特技部門No.3

沓沢侑拓さんはドラムの演奏。

渡辺はマジでどちらなのか判断に迷っていたのですけど、周りで見ていた沓沢さんの知り合いらしき人の反応を見た感じ初心者じゃないっぽいです。

特技部門No.4

龍直也さんはモノマネと一発ギャグ。

「コントをしようと思ってたがネタが作れなかったので急遽モノマネと一発ギャグにした」とのことで、これも沓沢さんと同じくそういう振りなのかと思いましたが、こっちは普通にその場で内容考えてやっているようでした。

特技部門No.5

半澤諒さんはヨーヨーを披露。

観客は5組の中で一番盛り上がっていました。
パフォーマンスの様子は本人の下記ツイートで全編見れます。

以上で特技部門の5組が終了です。

まずは特技部門への投票タイムです。

主張部門No.A

菅野さんは佐藤さんに変更になったようです。

主張部門No.B

特技部門に引き続き龍直也さんによる漫才です。

ツイートで「コント」としてしまっていますが「漫才」の間違いです。

以上2組で主張部門は終了です。主張部門とは言いつつ、どちらもお笑いだったので実質お笑い大会ですね。
一応どちらも「本当はお笑いグランプリがやりたかった」「女は危険」という主張に絡めているようでした。

結果発表

この後結果発表ですが、全組のパフォーマンスが終わった時点でだいぶ人が減ってました。

司会から結果が発表されます。

ヨーヨーの半澤さんが優勝でした。

続いて主張部門。こちらは2組しか出場していないので景品は1位のみです。

ツイートで「コント」としてしまっていますが「漫才」の間違いです。

ということで協賛読み上げがあって企画終了です。

おわりに

楽しめたのですけど、「新大生の主張」という企画としては失敗でしょうね。

メインに考えていたであろう主張部門の出場者が特技部門より少ないですし、その主張部門も実質お笑い部門ですし。

軟派企画、お笑いグランプリ(2016年)→女装コンテスト(2017年)→カラオケコンテスト(2018年)→色々ごちゃごちゃ(2019年)と変遷してきましたが、結局お笑いが分かりやすくて盛り上がって良いのではないかという気がします。。

特技もそれぞれ違うことやるわけで、比較の基準が分かりにくいというか目立ったもの勝ちというかですし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました