質問サイト「新潟大学 知恵袋」がオープンしました!

【速報】GATALOGが解散した

GATALOGメンバーの渡辺です。

突然のことすぎてビックリなのですけど、GATALOGが解散しました。

この記事を書いた人
渡辺和希

新大経済
自称美少女

渡辺和希をフォローする

GATALOGって?

GATALOGご存知でしょうか。

当サイトと趣旨は似て非なるのですが、新大生向けのWebメディアです。

2019年3月~4月ごろにかけて、サークル一覧を公開し話題になりました。

その時点では個人運営だったものの、サークルとしての運営を目指しメンバーを募集し始めました。
渡辺も4月にヘッドハントされ、GATALOGに入ることになりました。

WebメディアとしてのGATALOGから、Web制作サークルとしてのGATALOGへの転換ですね。

4月には他サークル同様に新入生勧誘を行い、新入生やWebに興味のある在校生が参加し7月末時点では20名強のメンバーが所属していました。

また単なるWeb制作サークルでなく、ポータルサークルとしてGATALOGグループも作っていました。
分かりにくいかと思いますが、非公認サークルいくつかを束ねて「みんな仲良くしようね」って感じです。

GATALOGグループにはGATALOGの他、VRらぼ若者未来創造プロジェクト奇術研究会New Horizon、味噌汁研究会の5団体が所属していました。

グループとはいえ各団体の活動は別になっていて、夏に全団体で浜コンしようとかいう話があったぐらいの繋がりです。
春には合同で新歓を行いました。

というように、GATALOGという言葉には

  • WebメディアGATALOG
  • Web制作サークルGATALOG
  • ポータルサークルGATALOGグループ

という3つの側面があります。

GATALOGが解散!?

2019年7月31日22:12のことです。

渡辺はお昼寝してて22時過ぎに目を覚ました直後のことでした。

GATALOGでは連絡ツールとしてSlackというものを使っているのですが、Slackに以下のような文言が投下されました。

【重要】
突然ですが、7月をもってWEB制作サークルGATALOGを解散したいと思います。

全文は載せませんが、上記から始まる内容がGATALOG代表により投稿されました。

「解散」の理由については「ガタログの地盤形成やサークルとしての管理に手が行き届いてなく、このままではサイトの質向上やファン拡大を図るのが厳しいと判断」したためとされています。

突然

他のリーダーの中には事前(事前って言っても前日)に連絡を受けていた人もいたそうですが、渡辺はこの時が初耳でした。

今思えば兆候と言えなくもないようなものもありました。
例えば8月頭、第2タームの試験が終わった頃にGATALOGのミーティングをしよう、日程を決めるためのアンケートを取ろうという話が出ていたにも関わらずアンケートがなかなか取られないとか。

例えば7月1日から毎日更新を続けていて、7月31日は代表の順番でいつも通りなら15時にはアップされるはずの記事が更新されなかったりとか。

7月31日のツイート

毎日更新は?

7月から始めた毎日更新、メンバー全員が1度は更新し終え2周目に入っていました。

8月以降に順番が回ってくる予定になっていたメンバーは既に下書きを進めていたりしました。

明日順番やぞ早くせい
ナシになった~~~~~

が、突然の解散につきナシになりました。

解散宣言と同時にWordpressのユーザーとしても削除されたため、誰もGATALOGの記事執筆ページに行くことはできなくなりました。
ユーザーが消えたので、現在は今までの全記事の執筆者の表示がメンバー個人でなくGATALOGになっています。

他の権限も剥奪

WordPressの権限が剥奪された他、渡辺が確認する範囲では渡辺に与えられていた以下の権限もパスワードの変更等により剥奪されていることを確認しました。

  • Twitterアカウント(@gatalogniigata)
  • GATALOGのGoogleアカウント(メールやアドセンスなど)
  • Googleアナリティクス(アクセス解析)の閲覧権限
  • レンタルサーバーへのログイン
  • FTP接続(サイトを直接弄る権限)

ということでもう何もできない状態になっていますね。

記事更新以外の話も白紙に

外から見える活動としては「あー、毎日記事更新してるんだな~」ぐらいだったと思いますが、実は見えないところで色んな話が進んでいました。

例えば新潟のお店のWebサイト制作依頼が既に来ていたりとか、他団体と協働で進めようとしていた企画とか…。

それらも全部白紙になりました。

GATALOGの今後は?

解散宣言では「WEB制作サークルGATALOG」と表現されています。

では前に挙げたGATALOGの3つの側面のうち、それ以外の2つは今後どうなるのでしょうか?

WebメディアGATALOG

こちらはサークル情報をまとめていた時のように、個人運営に戻るようです。

記事更新というよりも、コンテンツ制作に重点を置くそう。

なので今後はブログみたいな記事がちょこちょこ上がるのでなく、まとまった情報がでっかくドーンみたいな感じになるのですかね。

GATALOGグループ

GATALOGグループについては今のところ特にアナウンスはされていません。

某団体所属の某人に確認してみましたが、やはり現時点では特に連絡はないとのこと。

今のところは6団体で何かをしてるわけでもなかったのでダメージは少ないでしょうか。
GATALOGグループの中核をなすGATALOGがなくなったので、GATALOGグループの存続も危うい気がしますが…。

アーカイブしといた

現時点では元メンバーが毎日更新で書いた記事はGATALOG上に残っています。

ただコンテンツ重視に方針転換する以上、たった1ヶ月ぽっち有象無象が更新した記事なんてノイズになると思うのですよね。
渡辺ならそのうち消します。

でも消えたら嫌だな~と思うので、Wayback Machineで全記事アーカイブしておきました。
Wayback Machineが何なのかはGATALOGで書いた以下の記事の中盤辺りに書いてあります。
簡単に言うと、消しても見れるようにするやつです。

解散宣言を確認し、自分の管理してるチームに取り急ぎ連絡を入れた後にひたすら現在残ってる記事をWayback Machineで保存しまくる作業をしていました。
団体紹介記事を含めた200ページ超が既に登録してあるので、万が一今後GATALOGから記事が削除されても以下から見ることができます。

複数期間が選べるようになっていたら、2019年7月31日のものが今回アーカイブしたものです。

メンバーページは既に削除されていて救えませんでした…。

渡辺の書いた分はこっちにお引っ越させようかな~というのもちょっと検討中です。
でもあっちのが残ってるならSEO的に心配でもあるので消えるまでは現状維持ですかね。

おわりに

ビックリしました~~~。

GATALOG解散の残念さを「お、記事のネタができたぞ」という気持ちがギリギリで上回り、今回の公開に至りました。

取材に同行させてもらったり、記事制作に興味あるメンバーとの出会いだったり、他にも色々勉強になりました。
新興のサークルの運営についてあれこれ口出したりするのも楽しかったです。


元GATALOGメンバーの皆さん、渡辺のサイトで寄稿者として記事執筆しませんか?
個人サイトへの寄稿なのでGATALOGのようなウェブ制作やら営業やら勉強やらはできず、単に自分の書いたものを公開できるだけですが…。

3ヶ月程のGATALOG運営お疲れさまでした。
またメンバー募集する際は是非渡辺にもお声掛けください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました