質問サイト「新潟大学 知恵袋」がオープンしました!

新入生交流会に行っても自動で友達ができるわけじゃないよ

お世話になっております。
僭越ながら表題の件、お伝えさせていただきます。

この記事を書いた人
渡辺和希

新大経済
自称美少女

渡辺和希をフォローする

「新入生交流会で友達できるかなぁ…」

大学に入ってから友達ができるかどうか。少なからず皆さん不安に思う事なのではないかと思います。
ここで「できるかどうか」について端的に申し上げます。

まず皆さんが高校に入学した時の事を思い出してください。
色々な中学から来た知らない同級生たち。皆さんは高校に入学した際にその人達と友達になれましたか?

できましたの方

心配せずとも大学でも友人に恵まれることでしょう。
何も気負うことなく新入生交流会に参加し、これからの友人との出会いを大切にしてください。

できませんでしたの方

じゃあ大学でもできないわ!!!!!!!!!!

大学で大事なこと:主体性

主体性のない人間は4年間何も得ず、何も出来ず、惨めな大学生活を送ることでしょう。

高校までは授業に出れば自動的に知識が身につきました。
身につかなくても先生が補習をしてくれたり、分かるまで教えてくれたりしたかも知れません。

大学では授業に出ても自動的には知識は身につきません。
身につかない学生は単位が出ないだけですし、分からなければ置いてかれます。

高校までは学校に通ってれば自動的に友達ができました。
毎日同じ教室で顔を合わせてれば何もしなくても名前ぐらいは覚えてもらえたでしょう。

大学では自動的に友達はできません。
クラスなんてものはなく隣に座る人は毎日毎時間変わります。

大学では自動的に友達はできません。

新入生交流会で友達作る

新入生交流会は友達を作る場としていくつかの点で優れています。

友達を作りたい人が集まっている

宣伝文句として使ってるぐらいですし、申し込んでるのは全員大学で友達を作りたい人だと言って過言でないでしょう。

他の場には「友達なんか要らん。一人の時間を大切にしたい」という人もいるでしょう。

あなたは友達を作りたい、他の参加者も友達を作りたい。
見事に利害が一致しています。両想いです。

学部毎に分かれる

新入生交流会では前半はランダムな班、後半は学部毎の班に分かれてレクレーションを行います。

大学では学部ごとに出席する授業だったり、多くの時間を過ごす建物だったりが変わります。
つまり他学部の人よりも同学部の人の方が顔を合わせる機会が多いでしょう。

他の場では外見だけで何学部なのか判断することはできません。
新入生交流会では誰が何学部か明らかです。

話題が供給される

「出身は?」「学部は?」ぐらいで会話のネタ尽きちゃうわという方。

新入生交流会ではレクレーションの内容で会話を繋げられることでしょう。
レクの作戦会議でも感想でも喋ってれば乗り切れるのではないでしょうか。

先輩がフォローしてくれる

新入生交流会を運営している先輩は新入生同士の仲を深めてもらうために会を運営しています。
あの手この手で新入生同士が交流できる工夫をしてくれることでしょう。

会話が盛り上がらなかったら先輩が盛り上げてくれるでしょう。
連絡先の交換ぐらいは斡旋してくれるかも知れません。

先輩にフォローしてもらうための立ち居振る舞い

自分なりの友達作りノウハウがある方はそれを実践しましょう。
先輩が乗ってさらに盛り上げてくれるでしょう。

そうでない人は先輩のフォローが入ることを期待しましょう。
ただそのためには「自分は友達を作る気があるんだ」アピが必要です。
そうでないと余計なお世話かもと思ってしまいます。

コミュ障はせめて顔を上げておきましょう。

会話に参加しましょう。発言できなくてもせめて話を聞いてましょう。
気付いたコミュ強の誰かが話を振ってくれるかも知れません。

新入生交流会を活かさなかったらいつ友達作るの?

新入生交流会は友達作りの場としてかなり恵まれています。
それを活かさなかったらこの先ハードモードじゃないですか…?

たった3時間の会なのでそんなに深い仲にはなれないかも知れません。
それでもここで友達作りムーブができない人は、その後はさらに難しくなるでしょう。

用意された場を活かすも殺すもあなた次第です。

隣にいる人も友達を作りたいと思っている、利害が一致してるのだから臆せず自分から声を掛ける。
無理ならせめて顔を上げて友達作りたいオーラ出しつつ先輩のフォローが入ることを願う。

新入生交流会に行ったら自動的に友達ができるわけじゃありません。
友達を作る場として優れているだけです。作るのは自分です。
頑張ってください。

後記

深夜に「明日新交じゃん!」と気付き酒入った脳で書いたら支離滅裂になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました