質問サイト「新潟大学 知恵袋」がオープンしました!

仲介手数料は原則0.5カ月分!賃貸契約時に不動産屋に余計に払ってない?

タイトルからして漢字が多いですね。
あまり自分から触れに行こうと思わないジャンルなのですが、フォロワーさんから「ぜひ取り上げて欲しい」とご連絡いただいたので頑張って調べつつ…!

この記事を書いた人
渡辺和希

新大経済
自称美少女

渡辺和希をフォローする

仲介手数料の返還を認める判決

今回取り上げてと言われたニュースはこちら。

賃貸住宅を借りた際に、家賃1カ月分の仲介手数料を支払った借り主の男性が「原則は賃料0.5カ月分だ」として、仲介業者の東急リバブル(本社・東京都渋谷区)に手数料の一部返還を求めた訴訟で、東京地裁(大嶋洋志裁判長)は「業者が男性から承諾を得ていなかった」として男性の請求を認めた。

賃貸住宅の仲介手数料は原則0.5カ月分 手数料の一部返還認める 東京地裁より

仲介手数料として不動産会社に1ヶ月分の仲介手数料を支払っていたけど、本来は0.5ヶ月分でしょ!?余計に払った0.5ヶ月分返してよ!と裁判を起こしたら認められてお金が返ってきたよというもの。

1ヶ月分の家賃が22万の物件で11万返ってきたということで、家賃4万とかの物件に住んでる大学生的には裁判起こして2万もらうのは採算取れないとは思いますが、新しく契約するときには使えそうです。

仲介手数料について

賃貸物件を探す時に自分で大家さんを見つけて契約するのは大変ですよね。
その辺を簡単にするために間に不動産会社を挟むのが通常だと思います。

大家さんに支払う家賃とは別に、不動産会社に仲介手数料として契約時にお金を支払います。
その仲介手数料に関して、法律で以下のように定められているそうです。

・貸主と借主それぞれから受け取る仲介手数料は賃料の半月分以内とする。
・ただし、”依頼者の承諾”があればどちらか一方から賃料の1ヶ月分以内を受け取ることができる。

賃貸物件の仲介手数料の相場っていくら? どういう場合に費用を抑えられるかをご紹介より

貸主というのが大家さん、借主というのがそこに住む人です。

仲介手数料は「原則0.5ヶ月分以内」であるものの「承諾があれば1ヶ月分以内」を受け取れるのだそうです。

ちなみに「以内」なので借主が仲介手数料を支払わないで良い場合もあります。大家さんが不動産会社に払ってるとか。

「承諾があれば」ということで、今回の裁判では「承諾がなかったから1ヶ月分払う必要はない」と認められたのですね。

みなさんいくら払ってます…?

例えば家賃4万円のアパートであれば1ヶ月分に当たる4万円(+消費税?)を不動産会社に払ってる方が多いのではないでしょうか。

渡辺も自分の賃貸契約書見てみましたが、家賃1ヶ月分を支払っていました。
生協でアパート契約した場合も1ヶ月分の仲介手数料がかかると聞いたので、大学周りの多くの不動産会社で1ヶ月分を仲介手数料として取っているのではないでしょうか。

「1ヶ月分の仲介手数料に承諾しないと契約できない」とかいくらでもやりようがありそうなので直ちにどうこうというわけではありませんが、判例が出来たのは大きいかもですね。

新生活する方は値切れるかも?

既に支払った仲介手数料を今更返還しろというのは大変そうですし、ニュースに出てたように11万返ってくるならともかく2万円のためにそこまでするかどうかは…という感じです。

ただ今後新大に入学するとか、あるいは卒業して新生活を始める方なんかは物件探しの時に「仲介手数料1ヶ月分取るんですか?こういう判例あって0.5ヶ月分が原則って言われてるところですけど??」と言えるかもですね。

おわりに

間違ってるところがあればコメントくだしあ

コメント

タイトルとURLをコピーしました