質問サイト「新潟大学 知恵袋」がオープンしました!

工学部教授さん、壁に板書してしまう!?現場を見に行ってみた

工学部の授業で、教授が壁に板書するミスをしてしまった件が50回ぐらいRTされて若干話題になっています。

なんでそんなミスをしてしまったのか仮説を立てつつ、実際の現場となった教室を見に行ってみました。

何の授業で誰が書いたのか、果たして消せるのか、そもそもミスなのかetc…。

この記事を書いた人
渡辺和希

新大経済
自称美少女

渡辺和希をフォローする

「壁に板書」のツイート

話題になっているのはこちらのツイート。

教室前方の白い壁に式とかが書かれています。

どういう状況だ…?

どういう状況も何も、見たまんまの状況でした。

そりゃそうだ。

新大にもそんな設備が…!?

どの教授のなんの授業?

該当の授業は誰の何の授業なのか調べてみましょう。

曜日と時限

もう一度ツイートを見てみると、ツイートが投稿されたのは12月5日木曜日の9:35です。

また、写真に写っている時計は9:35頃を指しているので写真を撮った直後のツイートっぽいですね。

なので木曜日の1限の授業でしょうか。

科目名

画像の内容からもう少し絞れますね。

左側に「この科目では~」と書かれています。
ガイダンス的な内容と、この時期ということで第4タームのみ開講の授業の初回ですね。

また板書の内容から、物理とか力学に関する授業だと考えられます。
ということは工学部の授業でしょうか。

シラバス検索

以上の情報を元にシラバス検索をします。

新潟大学のシラバス検索は学外の人でも利用できます。

年度は「2019」、開講所属は「工学部」、開講は「第4ターム」、曜日は「木曜日」、時限は「1限」で検索…!

この10件の中で一番それっぽいのは「機械力学I」でしょうか。
シラバスを確認してみましょう。

「1自由度系」という記述が板書の内容と一致するのでビンゴですね。

今回の事件が起こったのは「機械力学I」の授業のようです。


全然関係ないのですけど、「機械力学I」の「I」の部分、ローマ数字の「いち」かと思ったらアルファベット「あい」の大文字なのですよね。
見た目じゃ区別つかなくて、コピペしてググったので間違いありません。

他にもそういう授業ありそうですね。

教授の名前

再度シラバスを見てみます。

平元和彦教授が担当のようです。
授業が行われる教室は工学部棟の107

今回の件の原因について、ここで思い浮かんだのはこんな仮説。

仮説①

平元教授は新潟大学に来て日が浅く、今回が初授業だった。

そのため板書して良い場所と悪い場所の区別が付かず、壁に板書してしまった。

さっそくシラバス検索で「担当教員名」に「平元 和彦」で検索!

ちなみに教員名をフルネームで検索する時は、氏と名の間に全角スペースを空ける必要があります。

半角スペースだとダメですし、OR検索とかしてくれません。

平元教授めちゃくちゃ授業してた…。

じゃ、じゃあ仮説②!

仮説②

平元教授はめちゃくちゃ授業しているが、107講義室で授業するのは初めてだった。

そのため板書して良い場所と悪い場所の区別が付かず、壁に板書してしまった。

第1タームの「工業力学」の講義室も107教室だった…。

見に行ってみた

初授業でもなく以前にも使ったことのある教室ならなぜ…?
とりあえず現場を見に行ってみましょう。

工学部棟です。

普段そっちの方行かないので知らなかったのですが、なにやら工事をしているようですね。

107講義室へ

講義室がどこにあるか分からず若干迷いましたが、107講義室を見つけました。
授業中だったため、授業が終わるのを待ちます。

授業が終わって人が出始めたのでいざ中へ…!

あれ???
写真で見たのと違う…。

壁に書かれたはずの板書は見当たりませんし、第一ホワイトボードが付いています。

教室間違えた…?

どういうことじゃーと思っていたら、教室入口のドアにこんな貼り紙を発見。

確認してみると、12月5日の機械力学Iは「201講義室」に変更されていたよう!

マジかよ!
じゃあ107講義室行っても意味ないじゃん!
というか授業終わるの待ってる必要なかった!

ということは、①②より有力な仮説③が立てられます。

仮説③

平元教授はめちゃくちゃ授業してるし107講義室も普段から使っているが、講義室の変更により使い慣れない201講義室で授業をすることになった。

そのため板書して良い場所と悪い場所の区別が付かず、壁に板書してしまった。

きっとこれだ…!

201講義室へ

着きました。

ここっぽいです!

……あれ…?
壁に書かれたはずの板書が消えている…?

よく見ると壁の左側と下側に枠がありますし、教壇の上にはホワイトボード用のペンと消すやつも置いてあります。

ということは、

それー!それ正解ー!


試しに「壁」にペンで文字を書いてみました。

消せました。

通常のホワイトボードと比べると、光沢がなく、ツルツルではなく若干ザラッとした手触りでした。

机等の設備も新しいもののようだったので、比較的最近導入されたものなのでしょうか。
工学部棟を工事しているようだったので、その一環でしょうか。

おわりに

ということで冒頭のツイートは、ホワイトボードの枠が見えないように写真が撮られたネタツイートのようでした。

良かった…。
板書して良い場所と悪い場所の区別が付かない教授も、講義室の壁に残り続ける消せない板書も、怒る学務もいなかったんだ…。

フェイクニュースに気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました